FC2ブログ


AB135

火狐のおかげで皿の確殺が安定したので、えすさんとのペアは火狐からトールへと移行。
火狐の方が安定して経験値を稼げはするけど、ペア好きな二人なのでそろそろ挑戦してみたいよねってことで。

ABのスペックは気持ちだけのAGIとこのレベルなので、倉庫から出血対策のウンゴリ深淵引っ張り出してきました。置いといてよかった…。
後は完全回避を重視した装備で、エクセリオンスーツとレッグの設計図が以前低レベルトールをしてた頃よりもちょっと当時よりも底上げしてくれてるかな?って期待してみる。
ssを入れて要点をまとめたかったんだけど、うっかりリプレイ撮り忘れたので細かいことは今後やっていくとして~。
現在の状態で気になる点や反省点をいくつかまとめていくよ。





①ABが壁に付きたい、付かなくていい状況について
ノックバックのあるMOBは剣とカーサ、あとLD入れ損ねたインプ。
それらが混じったときは必ず壁に付きたい!
ある程度着く壁を決めてるとはいえ、未だトールでは迷うことが多くてうろうろしちゃって申し訳ないw
壁に着きたいのに着けない!って見える時(アンティ切れ、許容範囲以上のMOBを抱えてしまった時など)はPW撃つ前にばきゅんで事前対策してもらえると助かるかな。
WL相手だとIWで壁作ってもらえるって頭が未だにあって、頭が混乱した状態でうっかり足を止めてしまうことがあるから気をつけなきゃ~
混ざってるのが剣以外なら、壁着地せずに交戦してもいいかなーと思うけど、その場合は必ず
MOB AB  (ノックバック後皿を追い越さない間隔)   皿
のような位置であれば大丈夫かな。

②弓の対処について
前方に弓を確認し、かつサラを引っ張ってしまったとき。
ニュマ SW抱え サラ    (弓の最大射程セルを開けて)     弓
のように抱えるけど、PWでもサラと弓を一発でまとめられたっけな??
ABが不自然な挙動でバックし、一体からサラにSWを出して抱える時は大抵その先に弓がいると思ってくれていいんだけど、
SWでサラを抱えるABの1セル後ろのニュマの範囲内に立ってサラと弓を同時巻き込みできるとかっこいい!かもしれない。
サラを殲滅後、ABは1セル後退してSWから出てニュマの範囲内に入りたいので、サラを落としたらすぐに1セル後退してくれると有り難いかな~。
で、弓との交戦時に精霊が弓の射程範囲内に入らないように気をつけてもらえたら、突然のサラの横湧きにもすぐに対応できるかもしれない。
弓の攻撃はニュマで防げるとはいえ、いつサラが横湧きするかわからないトールでの後衛へのニュマって結構危険なので、極力使わないようにしたいんだけど、どうしても乗らなきゃいけない場面では常にSWを張れる心構えをしつつ、ニュマの中心に立つんじゃなくて中心から1セルのところに立つとSWへ切り替えやすくていいかもしれない。しれない。


いつも反省会しようしようと思いつつ、バタバタしがちなので自分用メモとしても。
それにしても皿ペアでトールってサラって書くとソーサラーなのかサラマンダーなのかぱっとわかんなくてややこしいね~。
MEスキルに振り直してメディタ切りなので想像以上にSPがきついです…。
せっかくトールペアできる機会なので、がんばっておしゃれな狩りができるようになったらいいなー!

自分用メモの装備。
screenOlrun2349_20170106131453e20.jpg
関連記事
スポンサーサイト






new