表紙04-2
ラグフェス参加された方、おつかれさまでした!
わいわい賑やかでとっても楽しかったです…今回は遅刻もしなかったよ!
いただいたお菓子は明日からROしながらボリボリいただきますw
お声かけいただいてありがとうございました!

以下裏話的なかんじ。




一年に一度のことだと思ってやりたいことを全部詰め込んでしまうので、今年もハードスケジュールになってしまってw
色んな方に心配をおかけしてすみませんでしたw
イベントは一日限りですが、それまでの準備期間もすごく楽しめて、そういう環境を用意してくださった各合同誌のパートナーさんたちにはとても感謝しています。
一緒にやる上で難しい面はもちろんありますが、制作の楽しみを共有できることと一人じゃないという安心感を得られることに、いつも90%ぐらい支えられてるんじゃないかなw
少しでも楽しんでいただければ幸いです。


やりすぎて新刊二冊となってしまったあかっつぇは去年に引き続きいつきさんには大変お世話になりました。
視点切り替わりのリレー形式でシリアス長編をやりたい!という希望を汲んでいただいて、調整に時間がかかるだろうからと夏から書き始めたのに結局予定していた締め切りギリギリに仕上がるっていうw
その時点ではほとんど設定のみだったはずのシルバとアヤメも沢山使っていただけてうれしかったり。
何から何まで俺の希望を叶えてくださって、本当にありがたい一冊です。
そんな感じで、前回の四期まとめ本とは違って、ややオリジナル色の強い内容になりました。
おまけ的に作ったもう一冊のバカな本は表紙をいつきさんと一緒に画面共有で素材を貼り付けて遊んだのがとっても楽しかったです!
あとふざけた帯wwww
どうせやるなら!と思い切りやったつもりでしたが、まだまだハジけられるような気もします…。
感覚とは恐ろしいですね。
ご本人は波があると仰いますが、いつも安定していて着々と作業を進めてくださるので、とても頼りになります。
俺の波グラフの方がひどいwww

これまで三冊ほどお手伝いをさせていただいたりんさんとは今回初めての合同誌でした。
一年半前?ぐらいに聞いたシタくんのお話がずっと忘れられなくて、本として読みたい!ってわがままを言って書いてもらっちゃいましたw
そこにうまくラディを絡ませていただいて、さすがりんさんだな~っていうw
大好きな聖魔の臨時から始まるお話で、狩場環境はRR後だけど臨時広場の場面設定はRぐらい。
原稿を見せていただきながらすごく懐かしくて懐古厨になってましたw
読みたかったお話が読めただけでなく、大好きなせっちゃんもいっぱい活躍してくれて、登場人物がABとWLだらけっていうもうすごい俺得!
宅配搬入だったので本の仕上がりを当日確認したんですが、心配していたはじめての4コマも綺麗に刷っていただいててほっとしましたw
ラディを猫草ギルド所属としたので、めーちゃんとねこさんとココも使わせてもらってふらんくんの本と世界線を共有してることもうれしいことの一つでした。
打ち合わせをしながら、りんさんのお話の作り方、ものの見せ方等、お手伝いの頃よりも勉強させていただくことが多くて新鮮で楽しかったです!

ふらんくんの本のお手伝いは、本当にドタバタでwwww
ふらんくんもドタバタしてましたが、俺の方も別作業でかなりドタバタしていて、これいけるんか!?ってなってたけど、二人共最後まで諦めなかったwwww
ここまでくるともう時間がなさすぎて、表紙のラフを書きつつ、急遽入れることになったお話を書いたりブログからの再録を手直ししたり、絵を描くのに煮詰まったら文字作業をして、文字書きに煮詰まったらまた絵を描くみたいな作業永久機関をやり続けてちょっと頭おかしくなっていたのが、その頃あたりの自分のツイートでわかってとても恥ずかしいですね。
そんなわけで、俺の方からも二本収録していただきました。
ふらんくんのお話に使っていただいたルズちゃんは俺のキャラなんですけど、ルズちゃんのお話をあまり多くは書いてないないのに、しっかりとキャラクターを掴んで表現してくれてたのには驚きました。
ふらんくんの本にはこれまで色々な方のキャラクターが登場しますが、どのキャラクターもその人らしさを意識されていて、とても大事に考えて扱ってくれていることが文章から伝わってきて、内容も相まって思わず泣いてしまうほどwww
ふらんくんのお話はどれも優しさと温かさに溢れていて、毎回泣かされます。ずるいw


なんか段々感想文みたいになってきちゃったwww
つたないですが、絵描きとして文字書きさんたちの文章に色をつけられることはとても光栄なことです。
少しでも沢山の方に手に取っていただいて、お話を読んでいただけますようにと願いながら筆を取っています。
原稿中はゲームしたいとうるさかった(笑)ですが、いざ終わってみると原稿がないのがすごく寂しいですね…。
また機会に恵まれたならば、少しでも力になれたらいいな。
来年も京都ラグフェス開催をよろしくお願いします(-人-)
スポンサーサイト



new