FC2ブログ


夕日
PCポンコツだしこれぐらいにしとこって描き始めても、
いざ塗りになるともっとでかいサイズで描けばよかった…って後悔することあるある。



空が好きでよく見上げてるんだけど、
スマホで撮ってもね、目で見たままの色味では保存できなくてね。
だからできるだけ焼き付けるように見るんだけど、それでもいざ描くとなると全然うまくいかない。
普段から、目と頭が悪いなあって思う。
ただ景色を流してるだけで、本当の意味で見れてはいないんじゃないかって。

絵を描くことは好きだけど、別に絵じゃなくたっていい。
自己表現の上で、一番向いてるものを選んでるだけだから、
絶対絵じゃないと表現できない。って場合以外は別に、なんでもいい。
音楽でもいいし、日記を書く程度の文章でもいい。
もっと些細なことなら、息の仕方だっていい。
ただ、それが上手くできるとは、限らないよね。
表現するための技術が足りているかとか、トレーニング不足で筋力が足りないだとか。

夏の企画に参加した時に、まず作品を作る上で必要なもの、調べなければならないものが多すぎて、
普段からものを見る目を持っていればある程度器用にやれたのかもしれないけど、
不器用なので、準備が必要なんだね。
漫画というほど大それたものではないけど、コマをデザインするに当たって、
効果的な表現に適しているものはどんなものか、自分の好みとは。
そこにどういう場面を入れるか。
煽るのか、俯瞰なのか、引くのか寄るのか。
背景のパースの書き方、人物。
特に人物は苦手な部類で、球体と立方体の複合だということはわかっても、それが中々うまくいかない。
もちろん奥行きがあって、パースも生まれる。
ものの作りを考えながら、頭に置いた言葉は、
「目で見たままを描くのではなく、そのものらしく見えるように描く」という恩師の言葉。
感覚的に生きてる人間にとって、論理的に物事を理解するのはとてもむずかしい。
あたまがわるい。

何かを表現しようとするたびに、方法はなんでもよくて
でも、この感情を音楽にするには、自分には足りてないところが多すぎて今すぐに発散することは難しい。
文章では、そこに至るまでの我慢強さが足りない。
なら手っ取り早く絵で済ませてしまおうと思っても、やはり技術が足りない、で壁にぶちあたりまくり。
なんにしても一朝一夕ではできないのに、
努力するのが苦手なんだなー!
関連記事
スポンサーサイト






new