FC2ブログ


【棺の街アルビナ/伊礼様】
冒険したい欲を2000%叶えてくれたシナリオ!
プレイ時間三時間ってあったけど、探索楽しすぎて5時間ぐらい遊んでしまったw
ダンジョン探索あり、ストーリーあり、戦闘あり、アイテムざっくざくで冒険心をくすぐりまくってくれて大満足!
そのうえマルチエンドみたい。まじか~~~
PCの会話多め、口調は自動選択。

ScreenShot_20210218_010617245.png
今回の冒険に赴いたのは暁の剣PT。
カード絵が途中で揃ってないのが気持ち悪いw




ScreenShot_20210217_221947815.png
冒頭からいきなり老人が馬車に轢かれる。
老人は乞食らしく、馬車はひき逃げ、街の人達も遠巻きに見るばかりで誰も手を差し伸べようとしない。
ここでリーダー選択。
シルバが老人に駆けつけ介抱しようとするも、負った傷は致命傷で助かる見込みはない。
誰か癒やし手を!と周囲に呼びかけるも、誰も動こうとしない、そんな時。

ScreenShot_20210217_222026599.png
一人の少女がシルバの手に手を重ねて、祈りを捧げる。
少女の言うとおりに一緒に祈ると、老人は何もなかったかのように全快した。
重傷者を即座に癒やすなんてありえない!ということからこの少女が名のある聖女様だということがわかる。

その後ぶっ倒れた聖書さまを宿へ運び介抱していると、友人だという女騎士が訪ねてくる。
目が覚めた聖女さまから話を聞くと、聖女さまはやはり聖女で、女騎士は聖女付きの側近ということみたい。
二人はラーデックに次ぐ宗教都市シーラからの旅の途中で、何やら事情がある様子。
目的地であるアルビナまでの護衛を頼まれることとなる。

依頼を受けた一行はアルビナまでの最短の道を行く。
間にたちはだかるぬめりの沼地に差し掛かったところで探索役と参謀を選択。

ScreenShot_20210217_222134623.png
ScreenShot_20210217_222813653.png
探索は皐月。
参謀…というか頭脳派、魔術師かな?は、色葉で。
このあとも探索はかなり活躍の場があるのがうれしい。
魔術師も魔術師らしいお仕事をしてくれたから、魔術師から選出したほうがいいかもw

ScreenShot_20210217_224205195.png
ぬめりの地を抜けた一行は無事に聖女様をアルビナに送り届けることができたけど、アルビナの王様から依頼を受けることに。
アルビナは、かつての亡国に寄り添う形にある街。
古い王国は国が落ちるその時に、自らの墓を暴き、死者を兵として使い、周辺諸国に戦争を仕掛けていた。
戦争をふっかけられた国々が手を組み、王国を石で囲み、呪いの根源を閉じ込めることに成功。
そうして、世界各地から集った聖北の聖者たちがこの巨大な石棺の墓守となり、街となったのがアルビナみたい。
聖女さまもここでお務めしようとやってきたんだね。

そんな街の王様から受ける依頼なんてキナ臭いなって思いつつも、ちゃんと報酬がもらえるのならなんでもやるのが冒険者。
地下のカタコンベに降りて、劣化した石棺の修復と月に一度の聖水を運んでほしいって。
その案内役にあてがわれたのが、なんとさっき別れたばっかりの聖女の従者の女騎士さん!
女騎士さんを加えた一行はさっそくカタコンベへ。

ScreenShot_20210217_225438135.png
ScreenShot_20210217_225450777.png
朱くん聖職者なのに聖水を塩水とか言っちゃうwww
というか、CWの朱くんって吸血鬼になってるんですよね…。
今回のシナリオでは吸血鬼クーポンに対応してないから仕方がないけど、瘴気に対抗するために頭から聖水かぶるシーンがありすぎて、溶けないかヒヤヒヤしたw

ScreenShot_20210217_230358913.png
壁の修復は、王様からこれ使ってねって渡されたノームのスクロールで。
聖北は異教徒を排除する傾向があるから、精霊なんかも否定的なんだけど、ここではなんでもアリらしい。
せっかくだからソーサラーのアヤメにやらせてあげた。

探索(墓荒らしとも言う)を続けながら、一行はより石棺に近い「聖水置き場」へと。
しかしこの渡された聖水、容器が球体。
王様が言うには、これを穴に入れて転がして、石棺内部で割れる……だとかなんとか。
だから球体なのかーそれにしても変わってるなあって思ってたら、

ScreenShot_20210217_230908319.png
聖水を入れる穴の前で、なんか強そうなのに遭遇!
かつての亡国の将軍、だったらしいけど、なんか人情味があるというか、他のアンデッドと違うというか…。
しかもこの聖水の中身についてめちゃくちゃ気になることを言ってくる!

ScreenShot_20210217_231048346.png
ここが彼らの岐路。
見てしまえばもう引き返せない。

ScreenShot_20210217_231734327.png
球体の中身はなんなのか、その後彼らを待ち受けるものはなんなのか、是非自宿のPTMと一緒に冒険してみてほしいw


以下ちょっとネタバレ?な感想文。


〔PT編成〕
アンデッド系を相手にするとあって、最初猫草としおたの混合で入ったんだけど、
冒頭におじーちゃんが馬車に轢かれたとこでめーちゃん(AB)を選んだのね。
でもお前聖職者やろ!なんとかしろ!ってなってしまったから、一番聖職者率の低い暁で入り直して…w
こんなPTで大丈夫か?みたいなメンツになってしまったけど、
ダンジョン探索でかなり使えるアイテムをいっぱい用意してくれてるので、適正レベルなら不死対抗カードなしでも楽しめると思うw
実際うちは一枚もなかったw
リーダーは割と人情味があるかな。おせっかいだし首も突っ込むし、好奇心も旺盛な方。
NPCの絡みもリーダー最多。

〔魅力的なNPC〕
どのキャラも背景がしっかりしてて、それぞれの事情の上で今この状況に置かれてるっていうのもすごくわかりやすかったー
あと共闘すごくアツイ。

〔石棺の亡国〕
石棺の中……つまり、失われた古い王国の探索が、なんか深淵回廊の古城探索を思い起こさせる感じだったw
兵舎はこっちーとか、王室の部屋はこっちーとか、最初に探索させられたのもカタコンベだったし。
隅々まで探索したつもりだったけど、コインの入手ができなくてあれそれ出来なかった…。
一体どこにあるんだ!w

〔エンディング〕
おそらくトゥルーエンドかな…?もうひとつのエンドも気になるから、時間を開けてまたプレイしたい。
プレイ後はお楽しみも…!
関連記事
スポンサーサイト






new